*

著者プロフィール

大河内正一
(法政大学名誉教授(工学博士))

1949年福島生まれ。法政大学大学院工学研究科修士課程終了。法政大学工学部助手、工学部物質化学科教授(同大学院教授)、生命科学部環境応用科学科教授(同大学院教授)、生命科学部学部長を経て現在に至る。専門は水科学の研究で、″水″の分子・原子レベルの基礎研究から、食品、飲料水、アルコールの熟成に係わる水、さらに血液や尿などの体内の水や温泉水について、応用を含めて幅広く″水″に関する研究を行っている。具体的な応用研究では、我々の生体に類似した水として、″生体水″を提案し、それらの水が人工温泉水や食品および飲料水、さらにはスキンケアなどの水として広く応用可能であることを提案している。特に、温泉研究では、温泉水の本質的特長は“若返りの泉”を提案している。また、燃料電池と組み合わせた21世紀期待の人工水素化炭酸泉システムの開発を検討している。

[主な著書]:”生きている温泉とは何か”(2003年、くまざさ出版)、(共同執筆)”温泉の未来”(2005年、くまざさ出版)、“温泉科学の最前線”(2004年、日本温泉科学会)、温泉の百科事典(編集代表 阿岸祐)、“機能水”、丸善(2012)、”機能水の科学と利用技術”(1999年、ウォーターサイエンス研究会)など。[役員]:理事((公益法人)全国水利用設備環境衛生協会、群馬県温泉協会、元温泉学会)
評議員(温泉科学会、元無機マテリアル学会および元防菌防黴学会)
[受賞]:環境大臣表彰(2010年度、温泉功労者)、学術賞(2011年度、無機マテリアル学会)、論文賞(2007年、食品保蔵科学会)

 

投稿日:2019年9月4日 更新日:

Copyright© 生きている温泉とは何か―身体にやさしい生体に近い水を検証する― , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.