*

研究内容

研究テーマ

〇 温泉に関する研究
〇 水のクラスターに関する研究
〇 水の水和に関する研究
〇 お酒の熟成に関する研究
〇 ORPと食品に関する研究
〇 抗菌・抗カビに関する研究

(環境問題の研究)

〇 水銀の環境中での挙動に関する研究
〇 トリハロメタン、トリクロロエチレン、フロンなどの有機塩素化合物の揮散速度に関する研究
〇 汚染物質の構造相関による環境パラメータ(生物濃縮係数、土壌吸着係数など)の推算
〇 有機物の超音波分解

研究論文

〇 温泉に関する研究論文

  1. 大河内正一、水野博、草深耕太、石原義正、甘露寺泰雄、“温泉水のエージング指標としての酸化還元電位”、温泉科学、48, 29-35 (1998).
  2. 大河内正一、菅野こゆき、勝本雅之、鈴木雅樹、甘露寺泰雄、漆畑修、”温泉水および皮膚のORP(酸化還元電位)とpHの関係、温泉科学、49, 59-64(1999).
  3. 大河内正一、菅野こゆき、鈴木雅樹、甘露寺泰雄, 二酸化炭素泉のORPとpHの関係、温泉科学、50,94-101(2000).
  4. Okouchi, M. Suzuki, K. Sugano, S. Kagamimori and S. Ikeda, ""Water" desirable for the human body in terms of Oxidation-Reduction Potential (ORP) to pH relationship", J. Food Sci., 67, 1594 (2002).
  5. 大河内正一、竹崎大輔、大波英幸、首藤祐樹、池田茂男、見城由紀夫、阿岸祐幸、”二酸化炭素泉による末梢血流量増加の2次元的可視化について”、温泉科学、52,12-19 (2002).
  6. 大河内正一、竹崎大輔、大波英幸、阿岸祐幸、甘露寺泰雄、池田茂男、“電解還元系の人工温泉について”、温泉科学、53, 1-9(2003).
  • Ohnami, K. Koumura, S. Ikeda, and S. Okouchi, ORP(Oxidation-Reduction Potential) – pH Relationship between Hot Spring Waters and Human Body Fluids, Proceedings of The 38th Conference of Societe Internationale des Techniques Hydrothermales, 320-325(2003),Beppu, Japan.
  • 大河内正一、大波英幸、甲村和之、森本卓也、池田茂男、“ORP評価に基づく塩素殺菌した温泉水の泉質変化”、温泉科学会、54, 155-162(2005).
  • 大河内正一、大波英幸、庄司未来、大野慶晃、池田茂男、阿岸祐幸、萩原知明、鈴木徹、“電解還元系の人工温泉水の皮膚および髪に与える効果”、温泉科学会、55, 55-63(2005).
  1. M. Cheevaporanapivat, S. Okouchi, R. Takai, T. Suzuki, “Effect of rearingcondition on the Oxidation-Reduction Potential(ORP) change and ATP Degradation of Live and Dead Scallop(Pecten yessonensis)”,Food PreservationSci., 32, p.73-80(2006).
  2. 大河内正一、Aileen Tamura、外山知子、大波英幸、大網貴夫、森本卓也、阿岸祐幸、阿部寛史、池田茂男、ヨーロッパと日本の温泉(飲泉)水およびミネラルウォーターのORP(Oxidation-Reduction Potential)とpH関係”、温泉科学、57, 185-195(2008).
  3. 大波英幸、森本卓也、漆畑修、池田茂男、大河内正一、“還元系温泉水の入浴による皮膚の弾力性に与える影響 ―野沢温泉―”、温泉科学、57, 215-225(2008).
  4. 大波英幸、浅井邦康、池田茂男、大河内正一、“多硫化カルシウムを主成分とする入浴剤のORP-pH関係”、温泉科学、57, 226-230(2008).
  5. 大波英幸、大河内正一、吉岡久美子、片岡喜直、五味常明、“岩盤浴における温熱効果の評価”、温泉科学、58,14-24 (2008).
  6. 大河内正一,大網貴夫,浅井邦康,大波英幸,池田茂男,阿岸祐幸(2009):還元系温泉水(硫黄泉)によるメラニン生成抑制効果,温泉科学,59,2-10(2009).
  7. Okouchi, P. Thanatuksorn, K. Numata, Y. Kurita, S. Ikeda, Y. Agishi,”Effects of sulfur hot spring water with reductive characteristic on the skin”, The Proceedings of the 62nd General Assembly and International Thermalism/Scientific Congress of the world Federation of hydrotherapy and Climatotherapy at Yokohama, Japan, pp.86-87(November 8-12,2009).
  8. 大河内正一,沼田恒平、大網貴夫,池田茂男,阿岸祐幸(2010): 温泉水のエージングが及ぼすメラニン生成抑制効果への影響、温泉科学、59, 273-281(2010).
  9. 森本卓也、小島英和、大河内正一、大波英夫(2010):硫黄泉を対象とした酸化還元分析法の検討と野沢温泉水への適用、温泉科学、60, 78-90(2010).
  10. 大河内正一、栗田繕彰、吉田健作、Paria Thanatuksorn、池田茂男、“ヨウ素(イソジンR)による温泉水の還元力評価”、温泉科学誌、61, 106-115(2011).
  11. 栗田繕彰、タナクツソン パリア、池田茂男、大河内正一、“温泉水(硫黄泉)の効果の可視化(教育的効果)”、温泉科学、62, 13-21(2012).
  12. 大河内正一、古川豪、栗田繕彰、タナクツソン パリア、池田茂男、漆畑修、甘露寺泰雄、“皮膚のヌルヌル感に及ぼす温泉水の特性”、温泉科学、62, 237-250(2012).
  13. 栗田繕彰、池田茂男、大河内正一、“還元系水素入浴剤の水素化マグネシウムの特性”、温泉科学、63, 2-12(2013).
  14. 大河内正一,堀口啓文,栗田繕彰,池田茂男,漆畑 修,甘露寺泰雄、“皮膚のヌルヌル感に及ぼす温泉水の成分とpHの関係”、63,(2013).
  15. Yoshiaki KURITA,Kazuki UMEDA, Shigeo IKEDA,and Shoichi OKOUCHI,” Effects of Magnesium Hydride as Reductive Bath Additive on the Skin”, J. Hot SpringSci.,63, 317-327(2014).
  16. 森本卓也、小島英和、大河内正一、“天然温泉における溶存水素(H2)”、温泉科学、64, 296-309(2014).
  17. 大河内正一、新原寛晃、栗田繕彰、梅田一輝、光反応による水素化硫黄泉について、温泉科学、65, 104-113(2015).
  18. 大河内正一, 新原寛晃,山岡卓司,市田叶美,鍵和田聡,常重アントニオ、水素による髪の紫外線ダメージ抑制効果について、温泉科学、67, 134-140(2018).
  19. 新原寛晃,常重アントニオ,大河内正一、光反応による水素化硫黄泉の製造の可能性、温泉科学、68, 2-12(2018) .

〇 水のクラスターに関する研究論文

  1. 大河原正一、石原義正、荒井強、上平恒、NMR分光法による水評価、水環境誌、16, 409-415(1993).
  2. 大河原正一、石原義正、上平恒、17O-NMR 分光法による電解質水溶液および浄・整水器通水水道水の水評価について、水環境誌、17, 517-526(1994).
  3. Okouchi, K. Yamanaka, Y. Ishihara, H. Uedaira, Relationship between Water Qualities and Treatments in the Ultra Pure Water Production System, Water Sci. & Technol., 30, 237-241(1994).

〇 水の水和に関する研究論文

  1. Okouchi, T. Moto, Y. Ishihara, H. Numajiri, H. Uedaira, Hydration of Amines,Diamines, Polyamines and Amides Studied by NMR, J. Chem. Soc. Faraday Trans.,92, 1853-1857(1996).
  2. Okouchi, Y. Ishihara, H. Uedaira, Dynamic Hydration of Alcohols and Diols in Aqueous Solutions, J. Chem. Soc. Faraday Trans., 93, 3337-3342(1997).Uedaira, S. Okouchi, S. Tuda, Ha. Uedaira, Hydration of glucose andgalactose, Derivatives, Bull. Chem. Soc. Jpn, 74, 1857-1861(2001).
  3. Okouchi, T. Ashida, S. Sakaguchi, K. Tsuchida, Y. Ishihara, H. Uedaira, Dynamics of the hydration of halogenoalcohols in aqueous solution, Bull. Chem. Soc. Jpn., 75, 59-63(2002).
  4. Okouchi, K. Tsuchida, S. Yoshida, S. Ikeda, H. Uedaira, Dynamics of the Hydration of Amino Alcohols and Diamines in Aqueous Solution, Bull. Chem. Soc. Jpn, 78, 424-429(2005).

〇 お酒の熟成に関する研究論文

  1. Haseba, H. Matsushita, T. Asakura, K. Kameyama, T. Tamaki, S. Okouchi, H. Uedaira, Diminution of Biological Reactivity of Ethanol by Changing the Solution Structure by Weak Ultrasonication, Alcoholism, Clinical and Experimental Research, 17, 953-967(1993).
  2. 大河内正一、石原義正、稲葉慎、上平恒、蒸留酒の熟成指標としての17O-NMR 半値幅について、農芸化学誌、68, 1215-1218(1994).
  3. 大河内正一、石原義正、稲葉慎、上平恒、蒸留酒におけるプロトンの交換速度の熟成による変化、農芸化学誌、69, 679-683(1995).
  4. Okouchi, Y. Ishihara, S. Ikeda, H. Uedaira, Progessive Increase in Minimum Proton Exchange Rate with Maturation of Liquor, Food Chem., 65, 239-243(1999)

〇  ORPと食品に関する研究論文

  1. Tri Winarni Aguastini, T. Suzuki, T. Hagiwara, S. Okouchi, R. Takai, The possibility of using oxidation-reduction Potential to evaluate fish freshness, Fisheries Sci., 67, 547-549(2002).
  2. 大河内正一、酸化還元電位(ORP)とpH から見た健康に適した水、食品衛生学誌、46, J228-232(2005).
  3. Cheevaporanapivat, S. Okouchi, R. Takai, T. Suzuki, Effect of rearingcondition on the Oxidation-Reduction Potential(ORP) change and ATP Degradation of Live and Dead Scallop(Pecten yessonensis), Food Preservation Sci., 32, 73-80(2006).

〇 抗菌・抗カビに関する研究論文

  1. 大河内正一、村田亮造、石原義正、前田信秀、守吉佑介、熱量計による銀添加ゼオライト、酸化マグネシウムおよび酸化カルシウムの抗菌評価、無機マテリアル学誌、3, 111-114(1996).

2.大河内正一、村田亮造、杉田裕元、守吉佑介、前田信秀、焼成ドロマイトの熱量計による抗菌活性の評価、防菌防黴誌、26, 109-114(1998).

3.大河内正一、熱量計による抗菌・抗かび性評価、無機マテリアル誌、6, 485-491(1999).

4.大河内正一、狩野文雄、小俣耕司、内田浩子、石原義正、丸山将宣、熱量計によるチアベンダゾールの抗カビ評価食品科学工学誌、46, 231-236(1999).

5.澤井淳、杉田裕之、小島博光、大河内正一、濁度計による低級アルコール類の大腸菌増殖抑制作用の評価、防菌防黴誌、29, 425-431(2001).

6.大河内正一、高木周平、大日向鉄夫、伊部剛、守吉佑介、焼成コレマナイトの熱量計による抗菌評価、9, 38-43(2002).

7.大河内正一、福島由美子、杉田裕之、植物精油(エッセンシャルオイル)の熱量計による抗菌評価、3, 117-121(2002).

8.大河内正一、首藤祐樹、生体摂取可能な天然無機系抗菌剤(抗菌・鮮度保持およびダイオキシン発生抑制フィルム)、27, 17-21(2002).

9.福島由美子、大河内正一、熱量計による抗菌・抗かび評価、Netsu Sokutei, 33, 223-228(2006).

  1. 福島由美子、市川幸充、大河内正一、住宅用空調吹き出し空気の簡易真菌測定方法、防菌防黴誌、36, 11-16(2008).
  2. 福島由美子、首藤祐樹、大日向鉄夫、大河内正一、焼成コレマナイトの抗カビ効果、防菌防黴誌、36, 293-297(2008).

環境問題に関する研究(研究論文省略)

〇 水銀の環境中での挙動に関する研究
〇 トリハロメタン、トリクロロエチレン、フロンなどの有機塩素化合物の揮散速度に関する研究
〇 汚染物質の構造相関による環境パラメータ(生物濃縮係数、土壌吸着係数など)の推算
〇 有機物の超音波分解

1996年度研究業績

1997年度研究業績

1998年度研究業績

1999年度研究業績

2000年度研究業績

2001年度研究業績

2002年度研究業績

2003年度研究業績

2004年度研究業績

2005年度研究業績

2006年度研究業績

2007年度研究業績

2008年度研究業績

2009年度研究業績

2010年度研究業績

2011年度研究業績

2012年度研究業績

2013年度研究業績

2014年度研究業績

2015年度研究業績

2016年度研究業績

投稿日:2019年9月4日 更新日:

Copyright© 生きている温泉とは何か―身体にやさしい生体に近い水を検証する― , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.